親が死亡すると親族が顔を合わせる機会も増えることでしょう。その際、遺産相続のトラブルが心配な方も多いのではないかと思います。しかし、遺産を相続する権利のある人(法定相続人)は民法で明確に決まっているので、その点はご安心ください。

その数や範囲などの詳細は以下に示す図表の通りで、常に相続人となるのがまず配偶者です。これに加えて子供がいる場合には、子供が「第1順位」の相続人となります。「第1順位」の相続人がいない場合に限り、「第2順位」、さらに「第3順位」へと繰り下がっていく仕組みです。

法定相続人に関するルール

法定相続人の決まり方(範囲と優先順位)

  • ①父(夫)が亡くなった場合は、配偶者である母(妻)が常に相続人となります。
  • ②加えて、子(息子や娘)がいる場合も、「第1順位」の相続人となります。これは母(妻)がすでに亡くなっている場合でも同様です。
  • ③子もすでに亡くなっている場合は、孫が代わりの相続人となります(代襲相続人)。
  • ④孫がなくなっている場合はひ孫に、ひ孫もなくなっている場合はその子供に、と代襲は何代にも渡って行えます。
  • ⑤「第1順位」の相続人が誰もいない場合に限っては、祖父母が「第2順位」の相続人となります。
  • ⑥祖父母が共に亡くなっている場合に限って、曾祖父母にまでさかのぼることができます。
  • ⑦曾祖父母も共に亡くなっている場合は、何代まででもさかのぼることができます。
  • ⑧「第2順位」の相続人もいなければ、叔父や叔母といった父の兄弟姉妹が「第3位順位」の相続人となります。
  • ⑨叔父や叔母がすでに亡くなっていれば、その子である甥、姪が代襲相続人となります。
  • ⑩甥、姪もすでに亡くなっている場合、その子以下は代襲相続人になることができません。

遺産分割割合に関するルール

法定相続人 法定相続分 遺留分(保証される取り分)
母+子 母:1/2 子:1/2
法定相続人が母と子のみだった場合の遺産分割割合(法定相続分)
母:1/4 子:1/4
法定相続人が母と子のみだった場合の遺産分割割合(遺留分)
母+祖父母 母:2/3 祖父母:1/3
法定相続人が母と祖父母のみだった場合の遺産分割割合(法定相続分)
母:2/6 祖父母:1/6
法定相続人が母と祖父母のみだった場合の遺産分割割合(遺留分)
母+叔父叔母 母:3/4 叔父叔母:1/4
法定相続人が母と叔父叔母のみだった場合の遺産分割割合(法定相続分)
母:1/2
法定相続人が母と叔父叔母のみだった場合の遺産分割割合(遺留分)
全て
法定相続人が母のみだった場合の遺産分割割合(法定相続分)
母:1/2
法定相続人が母と叔父叔母のみだった場合の遺産分割割合(遺留分)
全て
法定相続人が子のみだった場合の遺産分割割合(法定相続分)
子:1/2
法定相続人が子のみだった場合の遺産分割割合(遺留分)
祖父母 全て
法定相続人が祖父母のみだった場合の遺産分割割合(法定相続分)
祖父母:1/3
法定相続人が祖父母のみだった場合の遺産分割割合(遺留分)
叔父叔母 全て
法定相続人が叔父叔母のみだった場合の遺産分割割合(法定相続分)
なし
  • ・上記は遺言書がない場合に遺産分割のベースとなる法定相続分による分割割合(代表的な法定相続人の組み合わせ)です。
  • ・子や祖父母、おじ、おば等が複数いる場合には、その人数で均等に分割して計算します。
  • ・例えば母と子2人の場合(上図の左列最上段参照)、「母は1/2、子は1/4ずつの計1/2」、となります。
  • ・遺言書がある場合でも、内容にかかわらず「第1順位」「第2順位」の相続人には最低限の取り分(遺留分)が保証されています。

ここで必須となるのが、法定相続人になりそうな人を予め戸籍をたどって探し出しておくことです。なぜなら、後々になってから「自分には遺産を相続する権利がある」と権利をもつ者が名乗り出てきた場合には、遺産を再度分け直さなければならず大きなトラブルを招くもととなるからです。

特に注意すべきケースは、本人や相続人が離婚や再婚を経験している場合です。元配偶者との間に子供がいる場合には、さらに事情が複雑になります。

このようにして判明した法定相続人と、その組み合わせによって民法で定められた分割割合が法定相続分と呼ばれるものです。特に、遺言書がない場合には遺産の分割を話し合う際に参考とされるケースが多いので、ぜひ頭に入れておきたいものです。

さらに、遺言書がある場合でも、相続人には最低限の遺産の取り分(遺留分)が権利として保証されています。そのため、遺留分も考慮した分配を行わなければ新たなトラブルの火種となることも覚えておく必要があるでしょう。