遺産の分割方法は大きく分けて4パターンあります。

不動産や株式、現金などを現物のまま分配するのが「現物分割」です。手続きが簡単で単純明快というメリットはありますが、全ての相続人にぴったり平等に分配できるケースは稀です。その偏りが大きい場合には、トラブルの火種を生むことととなるでしょう。

その点、遺産を売却し一度換金してから分配する「換価分割」は平等に分けやすい手法と言えるでしょう。しかし、売却にあたって時間や手間がかかるほか、思うような金額で売却できないデメリットも覚えておく必要があります。

このような両者の欠点を補うのが、「代償分割」です。これは、相続人の誰かが手持ちの現金などを用いて分配することで、平等さを保ちながらも迅速な分配を図ることができます。しかし、この場合の問題は金額が大きくなった際に支払い能力がある人がいるかどうかです。

どうしても遺産を分割するのが難しい場合には「共有」という手も一応はありますが、ゆくゆく処分する際に揉めやすく、ただの時間稼ぎに終わる可能性もあるので注意が必要です。

遺産分割の4つの方法

分割の方法 分割の仕方 メリット デメリット
現物分割 遺産を現物のまま分配する方法 最も手続きが簡単 不動産や株式などは平等に分配しにくい
換価分割 遺産を売却して、現金に換えてから分配する方法 平等に分配しやすい 時間や手間がかかり、思った金額で売却できない
代償分割 手持ちの現金などを使って調整し、分配する方法 平等に分配しやすい 支払い能力が必要となる
共有 財産・遺産を複数の法定相続人で共有する方法 平等に分けやすい いざ処分する際に揉めやすい